[Past] Vice Versus Versa

[Past] Vice Versus Versa

2019.08.24 - 2019.09.16

Viktor Hachmang

ビクター・ハッフマン

This Summer, Dutch illustrator/comic artist and designer Viktor Hachmang spent three months in Arita of Saga Prefecture to learn more about traditional Arita-Yaki porcelain, known for its exquisite craftsmanship and elaborate decoration schemes. Inspired by the traditional compositions of Arita’s Nabeshima and Ko-Imari ware, Hachmang set out to create new ceramic decorations, mixing Japanese traditions with his own contemporary twist.

The starting point for these works are madori (windows), a distinctive feature of many Arita-Yaki pieces. Coming in a wide variety of shapes, madori are frames that contain graphic elements, patterns or illustrations. Madori are frequently combined with other madori, making it a suitable device to tell complex stories within one graphic composition – an anticipation of manga, in the artist’s opinion. Hachmang’s madori are filled with illustrations based on his direct surroundings in Saga, drawing inspiration from classical themes as well as the everyday, such as supermarket products and roadsigns.

The designs of these plates are made using collage techniques: the artist transposes the production method of his comics (using handcut screen tone foil) onto ceramics. Hachmang’s illustrations were printed onto tensha (ceramic decal) sheets using silkscreen and are rearranged by hand onto the porcelain surface, thus creating unique one-of-a-kind pieces using a technique originally developed for mass production. By freely collaging and combining illustrations, abstract stories unfold, juxtaposing old and new, East and West!

Sponsored by Creative Industries NL Coordinate by Creative Residency Arita

今年の夏、オランダ人のイラストレーター/コミックアーティストでありデザイナーのヴィクター・ハッフマンは、3か月間、佐賀県有田町で、伝統的な有田焼の磁器について学びました。有田の代表的な鍋島焼きと古伊万里の伝統的な構図に触発されたハフマンは、日本の伝統と彼自身の現代的なひねりを混ぜ合わせて、新しい陶器の絵付けデザインを生み出しました。

これらの作品の出発点は、多くの有田焼の作品の特徴である”まどり”です。さまざまな形で登場する”まどり”は、グラフィック要素、パターン、またはイラストを含むフレームです。まどりは頻繁に他のまどりと組み合わされ、1つのグラフィック構成内で複雑な物語を伝えるのに適した要素になります。 ハフマンが描く”まどり”は、スーパーの商品や道路標識など、古典的なテーマだけでなく、有田の日常生活にあるものからインスピレーションを得て、彼の直接的な環境に基づいたイラストで満たされています。

これらのプレートのデザインは、コラージュ技術を使用して作成されています。アーティストは、コミックの制作方法(ハンドカットスクリーントーンホイルを使用)をセラミックに置き換えます。 ハフマンのイラストは、シルクスクリーンを使用して転写(セラミックデカール)シートに印刷され、磁器の表面に手作業で再配置され、大量生産のために独自に開発された手法を使用してユニークな作品を生み出します。イラストを自由にコラージュして組み合わせることで、抽象的なストーリーが広がり、古いものと新しいもの、東西が構成されます。

Sponsored by Creative Industries NL
Coordinate by Creative Residency Arita
  • About Artist:

    Viktor Hachmang
    Viktor Hachmang is a Dutch designer, illustrator and experimental comic artist. Although trained as a graphic designer at the Royal Academy, The Hague, Hachmang gradually grew into illustration and visual storytelling. His primary sources of inspiration are Ukiyo-e and the European Ligne Claire tradition of comic strips.
    Alongside his own autonomous graphic work, Hachmang also works with a wide variety of international clients, ranging from editorial heavyweights (The New York Times, Bloomberg Businessweek, MIT Technology Review and Wired) to luxury brands such as Kenzo Paris, Diesel and Lacoste. Recently, Hachmang has specialized in making experimental comic books and graphic novels, seeking to blur the boundaries between autonomous art and the comic strip. In 2016, he made his debut with the short story Book of Void (published by Landfill Editions, UK) and 2018 saw the publication of a large graphic novel, Blokken. Hachmang’s work is exhibited regularly, both nationally and internationally, and can be found in the collection of the Stedelijk Museum, Amsterdam.

  • About Artist:

    ビクター・ハッフマン
    ビクター・ハッフマンは実験的なコミック(マンガ)アーティストです。オランダ、ハーグのロイヤルアカデミーハーグでグラフィックデザインを学びましたが、作品はよりイラストレーションや、物語を伝えるという方向に向かいます。
    ハッフマンの興味の原点は日本の浮世絵やヨーロッパのEuropean Ligne Claire というTintinなどで有名な漫画コミックのスタイルにインスピレーションを受けてきました。
    ハッフマンは自主的なグラフィック作品の他、幅位広い国際的なクラインとへ作品を提供しています。国際的なビジネス雑誌から(ニューヨークタイムズ、ブルームバーグビジネスウィーク、MITテクノロジーレビューまたWiredなど)からヨーロッパのラグジュアリブランドKENZOやディーゼル、ラコステなど。
    近年、ハッフマンは自主的なアート作品とコミックブックの境界線をぼやけさせるような形で実験的なコミックブックを作りました。
    ハッフマンの作品はオランダ国内、国外で頻繁に展示されおり、オランダのステデリックミュージアムにも展示されています。

  • Event Info:

    Artist Talk
    2019.8.24.sat 16:00-17:30
    fee: 1,000 yen (inc.1D)
    @BnA Alter Museum 2F

  • Event Info:

    アーティストトーク
    2019.8.24.sat 16:00-17:30
    1000円 1drink付き
    @BnA Alter Museum 2F

Share:

Related Exhibition

[Upcoming] Recall, Perceive

[Upcoming] 想起すること、察知すること

MuDA

MuDA

2019.11.16 - 2019.12.15
@BnA Alter Museum 1F&2F

Oh I'm seeing, baby.

ああ わたしは 見ているよ ベイべ

Mitsuo Maruhashi

丸橋 光生

2019.10.05 - 2019.10.27
@BnA Alter Museum 1F&2F

[Past] A+A- AA CC K2 X W

[Past] A+A- AA CC K2 X W

creative, community space pehu

creative, community space ∧°┐

2019.09.02 - 2019.09.16
@BnA Alter Museum 1F