Akiyoshi Mishima

EYE

Core member of experimental underground alternative rock band, BOREDOMS, formed in 1986. BOREDOMS have made a huge impact in the underground music scene and continue to this day to inspire and influence alternative music.
EYE has musically collaborated with a number of well known bands and musicians, with regular DJ gigs. As a visual artist, EYE has participated in a number of global exhibitions contributing both visual and audio art.

80 年代中期に結成したボアダムスの中心メンバーとして実験的なパフォーマンスを展開、世界的なアンダーグラウンド・シーンに影響を与える。個人名義では、多数のアーティストと精力的に共演、DJ としても活躍。
ヴィジュアル・アーティストとしては、画集を出版、P.S.1 など世界各地の展覧会にも参加。

Dot cay Dot - Sapporo International Festival

Dot cay Dot - Sapporo International Festival

2017

Sadot Cay Dot - Sado Island Galaxy Art Festival

Sadot Cay Dot - Sado Island Galaxy Art Festival

2018

untitled - ARTZONE

untitled - ARTZONE

2014

AOKI takamasa

With his main focus in music, AOKI has collaborated and contributed a number of works to notable collaborations with YCAM and BBC 1 radio. In 2001 he released his first album, SILICOM, under the PROGRESSIVE FOrM label, receiving high praise nationally and internationally.
From 2004 to 2010 AOKI worked and lived in Europe, returning to Japan in 2011. Now based out of Osaka, he continues to contribute and perform his own music while actively pursuing photography.

コンピュータを用いた創作活動を中心とし、独自の音楽表現でイギリスBBCラジオ・プログラムOne Worldへの楽曲提供(The Beatles 'i will'のカヴァー)、YCAMでのコンテンポラリー・ダンサーや映像作家との共同制作、高木正勝とのユニットSILICOMなど、海外・日本国内ともに高い評価を受けている。2001年にPROGRESSIVE FOrMよりフルアルバムSILICOMをリリース。2004年パリに移住。その後2008年にベルリンに移住。ヨーロッパを拠点に制作活動、世界各国でライブを行う。2011年帰国。現在は大阪に拠点を置きソロでの楽曲制作、国内外でのライブ活動の他、多数のアーティストへの楽曲提供、ミックスなども行っている。

Tetsuya Umeda

Born in Kumamoto in 1980, now based in Osaka. Umeda’s work focuses on the creation of dynamic environments, through combining existing spaces, architectural constraints, sound, light, and the use of found domestic objects. Often existing outside of the gallery context, Umedas dynamic environments impact the audience's behavior in away that this in itself becomes part of the art installation.

1980年熊本生まれ、大阪を拠点に活動中。環境、建築、音や光、人々のふるまいなど、彼の作品の素材は多岐に渡ります。国内外で活動を展開する梅田は、日常にあるものからインスタレーションを再構築し、みる者をインタラクティブなパフォーマンスへと引き込みます。また、自作した楽器を用いて、他の音楽家たちともコラボレーションしています。

Internship - TPAM Kanagawa Arts Theater

Internship - TPAM Kanagawa Arts Theater

Photo by 島崎ろでぃー

Ringo -Liveworks Festival Sydney

Ringo -Liveworks Festival Sydney

Image by Alex Davies

2017

Ryuichi Ohira

Artist, sculptor, and researcher, Ohira graduated from the Department of Sculpture at Tokyo University of Arts. A keen interest in philosophy drives Ohiras exploration of life and consciousness, while his study of sculpture represented in folklore and religion, life theory, body theory, and cognitive science have influenced his artistic practice.
2005, “SICF 6th” work received award by Mori Art Museum Director, Nanjo Fumio.
2006, received Akasei award.

(1982-)日本の芸術家、彫刻家、研究者。 東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻で博士号(美術)を取得。NANZUKA(東京)、VeraMunro Gallery(ドイツ)所属。彫刻、インスタレーション、生命理論、身体理論、認知科学の分野を中心に、人生と意識を探求する哲学的研究及び民俗学と宗教学による彫像の研究を行う。炭化させた木彫と金 色を特徴とする作品を制作するほか、大型インスタレーションなど1国内外で制作発表する。
2005 年「SICF 6th」SPIRAL にて森美術館館長南條史生賞受賞。2006 年安宅賞受賞。

Goen falls

Goen falls

2012

Goen falls

Goen falls

2012

Goen falls

Goen falls

2012

TAKARAKUDA

TAKARAKUDA

2016

Mina Katsuki

Katsuki’s minimalist paintings pay homage to their most fundamental elements, the paint and the single stroke. The paint is the protagonist in this story, with the single stroke playing the antagonist asking to be repeated, to be fixed, to thin out the paint, reduce its potency. However, Katsuki has tamed the single stroke. The vibrant blue paint used in Katsukis work is an ancient egyptian pigment know as lapis lazuli.

私の作品のテーマは「絵具」だ。材料としての絵具ではなく、絵具を主役とした作品を作っている。絵具を主役とし作品を完成させるために試行錯誤を繰り返したが、私が描く行為を画面に施せば施すほど、絵具よりも描く行為が前に出てしまうことに気が付いた。そのゆえに「最小限の行為/一筆書き(One stroke)」のみで作品を完成させるというルールを定め、それに従い制作をしている。
世界最古の合成顔料は3500年前にエジプトで作られた青色だった。それは「作られたラピスラズリ(作られた青)」と呼ばれていた。それゆえに私は作られた絵具の象徴として青を使用している。

SHOWKO

Born and based in Kyoto, Kawahara launched SIONE in 2009. Based on the concept of “reading”, enjoying that lingering feeling of satisfaction after reading a good book, and inspired by ceramics created for tea ceremonies, SIONE ceramics meld modern life with Japanese Omotenashi culture.

京都にて300年続く茶道具をつくる窯元に生まれる。
2009年、「読む器」をコンセプトににしたブランド「SIONE(シオネ)」を立ち上げ、陶板画制作、プロダクトデザインなどを通じて、茶道からインスパイアされた、現代の暮らしに沿った、「もてなしの文化」を創っている。

product
product
product
Lulu Kouno

Born 1987, Aichi prefecture. On a trip to mexico in 2015, Kouno found herself short on cash, an event that lead her to negotiate painting murals in exchange for accommodation and selling work to further fund her travels. Since then she has been an active muralist, painter and illustrator with a number of awards to her name, the most recent being a prize winner at UNKNOWN ASIA.

1987年生まれ、愛知県出身。2015年にした長期旅行の末に、辿り着いたメキシコでお金がなくなり、安宿に絵を描く代わりにタダで泊めてもらいながら旅を続けるうちに、壁画を描くのが楽しくてしょうがなくなり、絵を仕事にしたいと決意し帰国。
2016年から絵描きとして活動を始める。日本では障害児のデイサービス施設や公園、小児科病院に壁画を制作。
世界中の孤児院や、障害児童の施設、学校、病院などにカラフルな絵を描いて、それで子どもたちを喜ばせるために現在も定期的に旅行をし壁画を描き続けている。

Baobabu tree - Japan

Baobabu tree - Japan

2018

Blooming Baobabu tree - Africa Malawi

Blooming Baobabu tree - Africa Malawi

2018

Fairies and Flowers - Japan

Fairies and Flowers - Japan

2018

mural in Hesono o park - Japan

mural in Hesono o park - Japan

2018

Sai

Based in Kyoto. Graduated from the Printmaking Faculty at Seika University, 2001. Using a number of embossing techniques and materials, Sai continues to strive for a beauty of contradiction between texture and surface, a surface that captures madness, grotesqueness, and purity.

京都を拠点に活動。谷崎潤一郎の陰翳礼讃で示された日本人独特の美意識からインスピレーションを受けて以来、建築と五感、感情の関係性に深く興味を持っている。版表現で五感を通じて、場所と感情の間に存在する余韻を考察し続けている。視覚で捉えた物より、触覚で捉えた物の方が心に焼きつくと考え、人の感情をモチーフにしたembossに実際に触れるインスタレーションを制作・発表している。これらの空間作品は、人の記憶の深淵に留まる感情を、実際に触れる質や翳により想起させる装置でもあり、つまりは、陰翳により人の「琴線にふれる」空間を目指している。

Blue moment - Kohakuin

Blue moment - Kohakuin

2015

no one - ASTIA ROOM

no one - ASTIA ROOM

2016

till - HOTEL ANTEROOM KYOTO

till - HOTEL ANTEROOM KYOTO

2015

till - HOTEL ANTEROOM KYOTO

till - HOTEL ANTEROOM KYOTO

2015

Sato Sugamoto

Sugamoto produces three-dimensional models, a tangible expression of the human thought circuit. By visualizing the inward nature of humans and invisible concepts, such as communication, a physical form of the multifaceted human head is depicted in space. Sugamoto wants to convey the importance and fascination of understanding individuality and authentic interaction with others and oneself.

人の思考回路を表現した立体造形を制作しています。人の内面性や人と人とのコミュニケーションという不可視のものを可視化することで、人の頭の中にある多面性を解き放ち、それを空間に描き出した立体形状に仕上げています。人それぞれの多面性と正面から向き合い、表層の内側にある個性を認め合うこと、分かり合うことの面白さと大切さを伝えたいです。

Breaktrough - Japan

Breaktrough - Japan

2017

Diversitiy of Thoughts of 5 persons - Japan

Diversitiy of Thoughts of 5 persons - Japan

2017

Imagination - Japan

Imagination - Japan

2017

Non-Verbal Communication - Japan

Non-Verbal Communication - Japan

2014

Yusuke Nakano/Paramodel

Born 1976, in Higashi Osaka. Graduate School in Painting from Kyoto City University of Arts, 2002. In 2003 Nakano joined Yuhiko Hayashi’s artistic unit Paramodel. Together they continue to mesh their respective disciplines, model making and drawing, creating one-of-a-kind art installations inspired by “various parts of the world and the mind”.

1976年 東大阪生まれ。2002年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻 日本画修了。2001 年に同大学の林泰彦の誘いでユニット制作を開始、2003年 より「パラモデル」として活動。趣向の異なるパラレルな2人の協同・触発のもと、メタフィジカルな「模型遊び」として多様な方法で作品を制作

a Tale of Ceaseless Fragments

a Tale of Ceaseless Fragments

Photo by Eiji Ina -courtesy of MORI YU GALLERY

2014

Bakamodelic grafiti (Papa Honkan)-Kyoto International MANGA Museum

Bakamodelic grafiti (Papa Honkan)-Kyoto International MANGA Museum

Photo by OMOTE nobutada -courtesy of MORI YU GALLERY

2011

Dancing for Airports (→arrival)

Dancing for Airports (→arrival)

courtesy of MORI YU GALLERY

2012

paramodelic-grafiti -TWS Shibuya

paramodelic-grafiti -TWS Shibuya

Photo by Masumi Kawamura

2009

Daito Manabe

Tokyo-based artist, interactive designer, programmer, and DJ.
Launched Rhizomatiks in 2006. Since 2015, has served alongside Motoi Ishibashi as co-director of Rhizomatiks Research, dedicated to exploring new possibilities in the realms of technical and artistic expression with a focus on R&D intensive projects. Specially-appointed professor at Keio University SFC.

Manabe’s work in design, art, and entertainment takes a new approach to everyday materials and phenomenon. His end goal is not simply rich, high-definition realism by recognizing and recombining familiar elemental building blocks. Rather, his practice is informed by careful observation to discover potentials inherent to the human body, data, programming, and, computers thus probing the interrelationships and boundaries delineating the analog and digital, real and virtual.

東京を拠点としたアーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、DJ。 2006年Rhizomatiks 設立、2015年よりRhizomatiksの中でもR&D的要素の強いプロジェクトを行うRhizomatiks Researchを石橋素氏と共同主宰。
身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さや、アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、境界線に着目し、デザイン、アート、エンターテイメントの領域で活動している。

electic stimulus to face - test 7

Daito Manabe “electic stimulus to face - test 7”

Photo by Muryo Homma (Rhizomatiks Reserach)

2012

Daito Manabe + Yusuke Tomoto + 2bit chains

Daito Manabe + Yusuke Tomoto + 2bit “chains”

2016

Nosaj Thing - Cold Stares ft. Chance The Rapper + The O_My_s

Nosaj Thing - Cold Stares ft. Chance The Rapper + The O_My_s

2015

Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY phosphere at Sónar Festival

Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY "phosphere" at Sónar Festival

Photo by Albert Muñoz ©Sónar Festival ©Advanced Music

2017

Akiyoshi Mishima

Born 1978 Osaka, raised in Nara, based in Tokyo.
Self taught artist exploring creativity through graphic design, art direction, fashion (FUGAHUM), VJing and more. Since 2006, Mishima is a represented contemporary artist both domestically and internationally through NANZUKA (Tokyo) and Nagel Draxler (Berlin, Cologne).

1978年大阪生まれ奈良県育ち、東京在中。
グラフィックデザインを学び、平面、空間、映像のアートディレクション、ファッションブランド FUGAHUMの立ち上げ、フジロックフェスティバル など様々な現場でのVJなど、ジャンルの垣根がない制作活動をおこなう。2006年以降、現代美術家として国内外で作品を発表。NANZUKA(東京)、Nagel Draxler(ベルリン、ケルン)所属。多様化した現在で感じづらくなっているモノゴトに目を向け、感じ伝えられた感覚を考察し、人類に残すべき選択肢を増やすことを制作活動の目的とする。

Accept subjectivity - TOKYO

Accept subjectivity - TOKYO

2018

Accept subjectivity - TOKYO

Accept subjectivity - TOKYO

2018

IWATOGAKURE - NANZUKA

IWATOGAKURE - NANZUKA

2016

Vast and small in anyway - NANZUKA

Vast and small in anyway - NANZUKA

2016

Mizuguchi Guchi

Born 1973, based in Osaka. Graduated from Osaka University of the Arts in 1997. Mizuguchi Guchi is involved in a number of creative projects in music, “Red Dog” and “Minnumumu”, he is the band's key illustrator. A self proclaimed modern day craftsman he runs a number of cross country workshops focused on creative DIY projects.

1973年生。現代工作家。1997年大阪芸術大学映像学科卒。大阪府在住。在学中に結成したバンド「赤犬」や「みにまむす」などの音楽活動と共にCDジャケットやフライヤーなどのアートワークも担当。他にも切り絵や建材などの素材を用いた工作作品製作やワークショップなどを全国で展開している。

Mon Koutaro Ooyama

Born 1979, Nara. Graduated from Kyoto City University of Arts in 2001.
A prolific street artist, muralist, live painter, illustrator, art event planner and organizer.
Dj and producer under the pseudonym Yabugarashi.

1979年 兵庫県出生、奈良県出身
2001年 京都市立芸術大学卒業
日本のストリートアーティスト。壁画・ライブペインティング・イラストレーションや、アートプロジェクトの企画・監修などを行う。また、Yabugarashi名義でDJ・トラック制作など、音楽活動も行なっている。

NEXTEFX

NEXTEFX

2009

NEXTEFX

NEXTEFX

2010

NEXTEFX

NEXTEFX

2010

NEXTEFX

NEXTEFX

2011

Aiko Yuno

Graduate comprehensive model course at Kyoto Art and Design University, 2015.
Doctorate course in comprehensive modeling at Kyoto Art and Design University 2016.
Yunos work centers around a theme of "Happiness" expressed through transience of things and the rhythm between them.

2015年 京都造形芸術大学 美術工芸学科 総合造形コース 卒業。
2016年 京都造形芸術大学 博士課程 美術専攻 総合造形領域 入学。
「Happiness」をテーマとして、物事の儚さやその間のリズムを表現している。

untitled

untitled

viva la vida

viva la vida

void

void

void

void